カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
出品中♪
プロフィール

ハル

Author:ハル
紅白のエビに魅了され
エビにハマった海老男子♪

極上個体いっぱいを夢に
胸いっぱいの妄想を広げ
どこに向かうの??
海老男子!(笑)

全記事表示リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅蜂さんという憧れ…

こんばんは海老男子です♪

日頃はオークションにてお取引頂いた皆様、ウォッチ登録やご検討頂いた皆様にも心よりお礼申し上げます。

少しづつ気温も上がってきて良い季節になってきました。

現在、大小合わせて52本の水槽がありますので、違う系統などまだまだ順次出品していけたらと思っております。

皆様に魅力を感じて頂ける個体や出品が出来るよう今まで以上に取り組みますので、当方出品を見かけましたら是非ご検討ください。


と、前置きはこれぐらいにして、そろそろ本題に(笑)

ただし半年ぶりぐらいに少し感傷的な内容ですから長くなりますよ((´∀`*))ヶラヶラ


さて題名に書いた紅蜂さんですが、ハッキリ言って私のエビ人生の中で直接的接点は全くありませんでした。

大阪と仙台でしたっけ?ですから気軽に行ける距離ではなく、かれこれ25年ぐらい飛行機にも乗った事がありません(笑)

記憶にある最も近い接点は何かの景品で貰った濃縮酵素だっけな?の用品を使った事と、某ショップさんで大量のエビを卸されてるのを見る事ぐらいでした。

そこではグレードよりも数って感じの販売だったと記憶しています。

しかし大量のエビは目にして、名前は存じておりましたがエビを買う事も全くなく、用品も含めてある意味遠い存在というか?

実際の距離もですが気持ち的に無縁な存在でした。


ただし、ある一点だけを除いてです…


当時、何年前かな~?4~5年前?もっとかな?とにかくその頃シャドーが全盛期を過ぎ、ピントが出てきた頃だったでしょうか。

私もレッドビー以外にシャドーにも力を入れてましたが、新種系を追い求める事への限界というか、裏での駆け引きとか値段を釣り上げる為の談合のような行為など、色んな事に嫌気がさしてきていました。

実際、今でもナナシーだマークⅡだ、純血だのシリアルNOだのと謳ってはいましたが、結局蓋を開けたらフィッシュボーンだった…なんて事になっていますよね(-ω-;)

まあそれだけではなく、突然変異的で出たシャドーは弱く増やしにくかった為高値の時期が長かったですが、タイガー系の血を入れたピントやそれ以降の新種系は、強く増やしやすく爆発的に広がり値崩れも早く、新種を追いかける為にかかる費用が大き過ぎる割に回収できる金額が少なく、リスクも多い事は当時から予想していました。

実際エビ飼うのにも先立つ物は必要ですし^^;

シャドーの頃のように一攫千金みたいな事が出来た人は少ないんじゃないでしょうか。

もしかしたら増やしやすいだけに回収も早かったかもですが、自分には解りません(笑)


そしてその頃、新種系を追い求めるよりもレッドビー・黒ビーをメインに、更にグレードに拘った方向に向かおうかと思い始めた頃でした。

オークションで紅蜂さんの素晴らしいエビが出品されているのを度々拝見しました。

「なんじゃこりゃ~!これがバキバキってやつか~!」と感動すら覚えた事は今でも覚えています。

当時は純白でとても綺麗なバキバキのモスラを多く出品されていたように記憶しています。

もちろん他にも凄いエビを出している人は居ましたよ、今でも残っている人はほとんど居ませんけどね(笑)

ただおかげ様で、「紅蜂スゲー!!」と思った当時の私には更に雲の上のような存在というか、ある意味近寄りがたいぐらいでした。

あの頃は「あんな綺麗なエビを買っても死なせたら勿体ないし無理や~」と思って買う事もできませんでした^^;

そして密かにあんなエビが作りたい、人に感動を与えられるようなエビが作りたいと思うようになり、今日まで少しづつ積み重ねてきました。

今の私の目で見て、その当時のエビがどのぐらいのグレードだったのかは解りません。

しかし私の記憶の中では、今も当時の紅蜂さんのエビには届いていないと思っています。

それは写真も含めて、いくら良いエビでも画像が悪ければ良さは伝わりませんし、その点では特に私の撮影技術は泣きたくなるレベルで、正直カメラの扱いは自分に向いてなさすぎて嫌いなぐらいです(´;ω;`)


とにかくそんな紅蜂さんが用品の販売以外は終了されるような旨の記事を書かれており、ブログでも別れを惜しむ方々の記事が目に留まりました。

私は無縁ですし遠く大阪から何も出来ません。

しかし私に夢と希望を与えて下さった1ブランドである紅蜂さんに心から感謝と敬意を表したいと思います。

本当にありがとうございました!長い間お疲れ様でした。


陰ながら、あの日の感動を胸にこれからも1ブリーダーとして頑張っていきたいと思います。

いつか、いつになるか解りませんが、自分の中で紅蜂超えただろ!(エビ単体として)って思える日が来るのを目標に(笑)

いや~無理かな? ブ━━━(;.;:´;:.゚;;.3;.;゚;.;)━━━ッ!!



そんなこんなで、長々と失礼しました_(^^;)ゞ

祭の終了といい残念な事が多いですが、また新たな動きもあるようなので期待してます^^

それではまた(〃⌒∇⌒)ノ~~)) フリフリ♪
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

いらっしゃいませ♪
 
cooltext1696960215.png
タイドグラフ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ヤフオク!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。