カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
出品中♪
プロフィール

ハル

Author:ハル
紅白のエビに魅了され
エビにハマった海老男子♪

極上個体いっぱいを夢に
胸いっぱいの妄想を広げ
どこに向かうの??
海老男子!(笑)

全記事表示リンク

初心者向け シュリンプ飼育心得 エビ飼育を始めよう^^②

.+()クルッ( )クルッ(ω・。)クルッ(。・ω・。)ノ~~オハヨウゴザイマス♪

一度書いたこの②の記事が消えてしまって
涙目この上ない海老男子ですヽ(●゚´Д`゚●)ノ゚。
自分の不注意&不運が重なったとはいえショック大ですw
数少ない拍手ポチしてくださった人の為に
頑張って書き直しますね(ノ∀`;)


ではまず前回の前置きの補足からw
また前置きかぃ!って突っ込みは心の中でお願いしますww

ではまず、一般的によく言われる
「60cm水槽以上の方が水質が安定しやすい」と言う事ですが
これは元々は熱帯魚の飼育で使われる事です。
自分も最初に60水槽を勧められたのが熱帯魚飼育者でした。

素人考えで恐縮ですが、主にビーシュリンプなどの飼育が
始まったのがせいぜい十数年前で、TV等に取り上げられて
メジャーになってきたのが5~7年前?ではないかと。

更に言えばエビ飼育初期の頃は外部濾過飼育が主流だったとか。
スポンジFなどの簡易濾過が使われるようになったのも
まだ近年のはずです。
自分が小中学生だった20年以上前からホームセンターなどで
アクアコーナーがあったのは記憶しています。
それだけ熱帯魚飼育の方が歴史があるって事ですよね^^

つまり60水槽以上で安定しやすいのは、上部濾過や外部濾過など
濾過能力の高い設備を使用するから安定するわけです。
熱帯魚は糞も餌の量も多いですから
必然的に高い濾過能力が必要となります。
濾過能力が高いんですから水質は当然安定しやすいですよねw
この辺りを誤解している人が多いのではないでしょうか?

底面FやスポンジFの簡易濾過だけで60cm以上の水槽を
維持しようとすれば好不調の波が激しいのは当然の事です。


やっとここからが本題なわけですがwww
ではどうすればいいのでしょう?

現在60水槽などで上手くいかない人は
外部濾過を増設してください…
ってこれではあまりにも能がないですね(笑´∀`)ヶラヶラ

これからエビを始めよう、又は現在60水槽で上手くいってない方に
自分がお勧めしたいのは「小型水槽」での飼育です^^

ちなみに自分の言う小型水槽とは、30cmキューブ水槽より
もっと小型の水槽です。
個人的には30キューブでも簡易濾過だけでは弱いと思っており
当方では外掛けフィルターも設置しています。

それがこれだ~www
IMG_0234.jpg
とんでもなく汚いですが(*ノωノ)
2年物の旧アマ爆殖水槽に設置している物です。
現在も絶好調なのでそのままにしていますw
専用の濾過マットは使わず、直接濾材を入れてます。


ではこれよりもっと小型の水槽って?
自分はホームセンターなどの量販店で売っている
GEXのマリーナM水槽だっけ?を使っています^^
安くて軽くていいですよ、余計な付属品もついてきますがww
ほぼ全面を覆うフタもついてますから水の蒸発も少ないです。
S水槽って一回り小さいのもありますからそれでもいいですよ^^

こんな感じです♪
IMG_0236.jpg
画像は縦置きにして並べて使用しています^^

M水槽のサイズですが、縦22cm横36cm高さ26cm
S水槽が縦18.5cm横32cm高さ24cmぐらいです。

この水槽を立ち上げるのに必要な物
水槽・ソイル・底面F(30cm用)・スポンジF(小)
エアーポンプ(噴出し口2個または2方分岐コック)
エアチューブ(短めで可)・ライトなどです。

お好みで水温計やヒーターや水草もw


早速ですが当方で試験的に立ち上げたS水槽がこちらです。
♀3匹♂1匹で半年ほど足し水のみで放置してました。
エアコン管理はしてますがヒーターも無しで
平均水温はこの冬21℃ぐらいだったと思います。
画像が悪くて恐縮ですが^^;
IMG_0238.jpg
写ってない固体も居ますのでこれ以上の数がおります^^
左奥に白ビーっぽいのが居ますが表現系固体です。
画像クリックすると薄っすら柄が見えます。
以前出品していた怪しい血統なのでこんな超表現系が出ますw

放置してたのでかなり☆も出てたと思います。
水草もモサモサになってたので過密気味だったとは思いますが
4匹からこの数ならそれなりに増えてはいますねw


小型水槽ですから、親固体が増え過密になってくれば☆も出ます。
稚エビが5mmほどになったら別の水槽に移し
親固体の数を一定に保っていれば稚エビがどんどん増えます^^
ただ稚エビを掬って移動させるのは面倒ですけどねw

立ち上げ時によく聞く
バクター敷いて~とか
トルマリンパウダー敷いて~とか
自分は一切してません、余計な物入れていい結果出た事少ないですw

なので画像の水槽にはソイルと水と少量のミネリッチのみです。
添加剤の類は他に一切入れてませんよ^^



さて、書き直しな上に長くなってきたので
続きは③で書きましょうかね(≧m≦)ぷっ!

ほぼ核心の部分は書いてしまったので
補足的な内容にはなるかと思いますがw
もし続きを早く書け~って人が居ましたら
拍手ポチっとヨロシクです( ̄^ ̄ゞ ケイレイ!!ww

ではまた(( ヽ(o^ー゜)フリフリ
スポンサーサイト
いらっしゃいませ♪
 
cooltext1696960215.png
タイドグラフ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ヤフオク!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
検索フォーム