カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
出品中♪
プロフィール

ハル

Author:ハル
紅白のエビに魅了され
エビにハマった海老男子♪

極上個体いっぱいを夢に
胸いっぱいの妄想を広げ
どこに向かうの??
海老男子!(笑)

全記事表示リンク

毎度ありがとうございます!

こんばんは海老男子です♪

当出品・ブログをご覧頂きありがとうございます^^

最近はコンスタントに出させて頂いておりますが、初めてお取引する方はもちろん同時落札頂く方や、数か月数年前から何度もお買い上げ頂いてる方もおられますし、以前お買い上げ頂いた方が入札に参加して頂いてるのも多く見受けられます。

当方出品に参加頂き大変有り難く、熱く御礼申し上げますm( __ __ )m

昨日の出品では落札間近に最高入札者様が評価無しの新規ID様だった為、大変申し訳ありませんが削除させて頂きました。

注意事項にも書いておりますように、新規の方や評価の内容が悪い方とのお取引はお断りしております。

折角入札頂きましたのにご気分を害されたかもしれませんが、トラブル防止の為の一つの方法としてご理解頂きたく思います。



その他、取引連絡での私の対応が堅苦しく、愛想のない対応だと思われる方も中にはおられるとか思います。

しかし出来る限りお互いにトラブル無く、確実に元気なエビちゃんを受け取って頂けますように、誠意を持って対応をさせて頂いております。

取引メッセージでのやり取りなどご面倒をおかけしますが、双方悪い結果や評価にならないよう最大限気をつけているつもりです。

性格的に面白くない人間なのでご不快をお掛けする事もあるかもしれませんが、海老男子のエビを買って損をしたと思われないよう、エビにもお取引にも拘りを持ってこれからも活動したいと思います。

単品も数出しの出品も、自分が良いと思わない個体や血統を出品する事はありません。

撮影が苦手で好きではないので同じ画像での出品もありますが、汚い個体や♂ばかり掬うような不誠実な事もしていないつもりです。


あれ……? 書き始める時はもう少し軽い感じで書くつもりだったんですが^_^;

とにかく、お金の絡むやり取りですから真面目にやっております!


海老男子のエビをよろしくご検討くださいね(o^-^o)
スポンサーサイト

ドンドン出てくる凄いエビヾ(*´∀`*)ノ

こんばんは海老男子です♪

まずは私の出品を入札・落札頂きました皆様に厚く御礼申し上げますm( __ __ )m
皆様とても迅速な対応をして頂き、先日終わった出品もすべて発送できました。

出来る限り無事にお届けできるよう、お互いに不快な想いをせずに済むよう、最大限努力致しますのでこれからも海老男子をよろしくお願い致します♪


しかし相変わらずレッドビーの出品が賑わっていますね^^

普段、自分が出してない時には人の出品はほとんど見ませんが、自分も出していますので嫌でも目に入ります。

いや、目に入るから出したくなるのか?(笑)

以前ブログに書きましたが、レッドビーを追及しようと思った一番の要因は紅白祭に自分も出たい出したい。

あんな凄いエビを自分も生み出してみたい、という気持ちが強かったからです。

そこには少なからず負けん気というか、凄いエビを作る人達に追いつきたいという憧れもあります。

残念ながら紅白祭は終わってしまいましたが、それに代わるかも?なイベントも始まるかもしれませんし、まだまだレッドビーに対する心の炎は燃え続けています(*^^*ゞ


何より、紅白祭か?と思わせるほどのブリーダーさんが凄いエビを出してる…

となれば出したくないエビを出してでも混じりたい(爆)

別に競うつもりではありません、100%勝てませんし(´;ω;`)

ただ、自分が追い求めるレッドビーは、素晴らしいエビを作る事と、素晴らしいエビを作るブリーダーさん達に近付きたいという事でもあります。

皆様の凄いエビと一緒に自分のエビも出す事で、自分のエビと皆様のエビを客観的に比べる事も出来ますし、足りない事や目指すべき方向が見えてくる事もあります。

実際、以前の紅白祭ではそうして色んな刺激や気付きがあり、少しづつですが進歩は出来てきたと思います。


それにしても、特に数名のブリーダーさん達は次々と凄いエビを出されていますね(○´д`A)フキフキ

夏も近づいてきましたしいつまで続くか解りませんが、今は目の保養も含めて楽しみに拝見させていただきたいと思います^^

紅白祭にしか見れなかったようなエビがドンドン出てますし、久しぶりにエビテンション↑↑です(笑)

盛り上げて頂きありがとうございます!!

と、陰ながらコッソリお礼申し上げたいと思います^^


ついでに、出来れば私のエビもどうかよろしくご検討くださいm( __ __ )m

数出しの出品はランダムとは言ってもオスばかり掬うような事は絶対しません。

サイズ的に見分けが難しい場合もありますが、大体半々程度になるようには掬っております。

グレードとしても透けの酷い選別漏れレベルのエビではありませんし、綺麗な個体もおりますのでお勧めです^^


今回追加の画像などはありませんが、最後までよろしくお願い致します。

気がつけば…

こんばんは海老男子です♪

気が付けば出品の情報どころかスポンサーサイトが出てました^^;

折角なので少し書きたいと思います。


現在名だたるブリーダー様達が沢山出品されていてとても賑やかで、素晴らしい個体を見てとても刺激になります。

皆さんかつての紅白祭の時のように、「俺のエビ!」と言わんばかりの出品方法で凄いな~と感心するばかりです。


一方、私も自分の気に入っている個体など、自分なりの「俺のエビ」や数出しの出品など、ボチボチと出させて頂いております。

皆様のように余計な売り文句を付けず「俺のエビ!」として出すのが一番かと思いますが、皆様のようには「海老男子」も「海老男子のエビ」もまだまだ認知して頂けてないと思います。

例えば殻厚という表現ですが、私が思う殻厚と人が思う殻厚は違いますし、赤足もどの程度までを赤足と思うのかも人それぞれです。

海老男子がどの程度を殻厚と表現するのか?
どこまでを赤足と表現するのか?
どんなエビに期待を持つのか?

そういう記載も、自分を表現する為には必要かと思って書いています。

受け取り方は人それぞれですから誤解を与える事もあるかもしれませんが、決して殻薄個体を殻厚とか?嘘や大袈裟だと思われるほどの表現はしないように心掛けているつもりです。

色んなエビを見慣れてる人には画像だけで十分かもしれませんが、そうではない初心者に近い人にも私のエビの特徴などが伝わればいいなと思っています。


それに画像で良さを伝えたくても、本当に撮影が下手で…(涙)

撮影もエビ自体もまだまだですが自分なりに頑張ってはいます!(笑)


現在出品中の「期待の水槽から抱卵♀+お供♂」の♀個体のドアップ画像です↓↓

IMG_9918.jpg
IMG_9939-1.jpg

肉眼で見るのは難しいかもしれませんが、髭の色乗りがあまり見かけないほど乗ってます。

だからどうしたと言われれば…それだけですが…(汗)

正直自分でブリードに使いたいぐらいな個体を出してます!

とだけ追加でお伝えしたいと思います^^


それではご検討よろしくお願い致します(*- -)(*_ _)ペコリ

固定観念(概念)という敵

こんばんは海老男子です♪
変な時間に寝て起きたので最近思う事を書いてみます。


みなさんはエビ飼育に関してどんな固定観念(概念)をお持ちでしょうか?

ちなみに「固定概念」というのは本当は無い言葉で間違いらしいですが、どちらも固着観念とも言い凝り固まった考えの事で、概念は世間一般的な共通的な認識の事で、観念は個人的な見解といった意味らしいです。

詳しくは調べてみてくださいね^^;


とにかく固定観念(概念)とは悪く言えば思い込みとか偏見といった感じでしょうか。

良く言えば拘りとか自分流とか常識みたいな感じでしょうか。

賢くないので上手く表現が出来ませんがww


要するにみなさんが持っているエビ飼育に関する常識とか非常識、自分なりか一般的な考えや拘りなどですが、もっと簡単に大雑把に言えばエビ飼育に対するみなさんの「知識」です。

例えば何があるでしょう、いくつか挙げてみます。

◎ポツポツ☆が出たら水換えする
◎ツマツマせず調子が悪いと水換えする
◎60cm以上の水槽の方が安定する
◎ソイルは厚敷き(薄敷き)が良い
◎調子が悪い、☆が出ると水質(PH TDS アンモニア 亜硝酸 硝酸塩)などを測る
◎なるべく手を入れない方が良い
◎水換えは定期的にする
◎水換えはせず足し水だけする
◎調子が悪いので足しソイルする
◎数が増えたら選別する

などなど、大雑把ですがよくブログなどで見かける話ですよね。

人の意見や経験を取り入れて色んな事を試す、より良い方法を探すのがアクアとかエビ飼育の楽しみの一つだと思います。

しかし誰しも自分なりの考えや拘り、経験などからある程度の固定観念(概念)があるのではないでしょうか?

みんながやってるから、みんなが言ってるから、自分はこうだから、自分は~派だから、というような思い込みですね。

私は出来るだけそういった偏った考えに頼らず、自分で試し経験した事を糧にしていこうと思っていました。

しかし自分のエビ歴を振り返ってみて、やっぱり上記の例のような漠然とした思い込みや一般論に惑わされたり、自分の中での思い込みに邪魔されて色んな事に遠回りしてきたように思います。


まあ段々と歳もとってきましたので、柔軟性も無くなってきてるからでしょうか^^;

嫌ですね~これ以上歳をとるのは…最近もの忘れの酷さがハンパないです。

最近人にスマホで電話するのに発信ボタンを押して、電話した事を忘れて画面消してポケットに直してしまい、相手からかけ直されて「何か用?」って相手に聞いたら、そっちが鳴らしたんやろ!って突っ込まれました_| ̄|○

大事な事はさすがに覚えてますが、自分のヤバさが時々恐ろしくなります^^;


脱線しましたが、仕事や私生活も含めてかもしれませんが、特にエビ飼育に必要以上に固定観念(概念)を抱くのは危険です。

柔軟な考え方をできるよう気をつけましょうね♪


では最後に私のエビ飼育に対する固定観念を一つ!












「自分流が一番!!」


この一言に色んな意味や気持ちが含まれています。

どういう意味に捉えるかはあなた次第です(笑´∀`)ヶラヶラ


それではまた(^^)/~~~

紅蜂さんという憧れ…

こんばんは海老男子です♪

日頃はオークションにてお取引頂いた皆様、ウォッチ登録やご検討頂いた皆様にも心よりお礼申し上げます。

少しづつ気温も上がってきて良い季節になってきました。

現在、大小合わせて52本の水槽がありますので、違う系統などまだまだ順次出品していけたらと思っております。

皆様に魅力を感じて頂ける個体や出品が出来るよう今まで以上に取り組みますので、当方出品を見かけましたら是非ご検討ください。


と、前置きはこれぐらいにして、そろそろ本題に(笑)

ただし半年ぶりぐらいに少し感傷的な内容ですから長くなりますよ((´∀`*))ヶラヶラ


さて題名に書いた紅蜂さんですが、ハッキリ言って私のエビ人生の中で直接的接点は全くありませんでした。

大阪と仙台でしたっけ?ですから気軽に行ける距離ではなく、かれこれ25年ぐらい飛行機にも乗った事がありません(笑)

記憶にある最も近い接点は何かの景品で貰った濃縮酵素だっけな?の用品を使った事と、某ショップさんで大量のエビを卸されてるのを見る事ぐらいでした。

そこではグレードよりも数って感じの販売だったと記憶しています。

しかし大量のエビは目にして、名前は存じておりましたがエビを買う事も全くなく、用品も含めてある意味遠い存在というか?

実際の距離もですが気持ち的に無縁な存在でした。


ただし、ある一点だけを除いてです…


当時、何年前かな~?4~5年前?もっとかな?とにかくその頃シャドーが全盛期を過ぎ、ピントが出てきた頃だったでしょうか。

私もレッドビー以外にシャドーにも力を入れてましたが、新種系を追い求める事への限界というか、裏での駆け引きとか値段を釣り上げる為の談合のような行為など、色んな事に嫌気がさしてきていました。

実際、今でもナナシーだマークⅡだ、純血だのシリアルNOだのと謳ってはいましたが、結局蓋を開けたらフィッシュボーンだった…なんて事になっていますよね(-ω-;)

まあそれだけではなく、突然変異的で出たシャドーは弱く増やしにくかった為高値の時期が長かったですが、タイガー系の血を入れたピントやそれ以降の新種系は、強く増やしやすく爆発的に広がり値崩れも早く、新種を追いかける為にかかる費用が大き過ぎる割に回収できる金額が少なく、リスクも多い事は当時から予想していました。

実際エビ飼うのにも先立つ物は必要ですし^^;

シャドーの頃のように一攫千金みたいな事が出来た人は少ないんじゃないでしょうか。

もしかしたら増やしやすいだけに回収も早かったかもですが、自分には解りません(笑)


そしてその頃、新種系を追い求めるよりもレッドビー・黒ビーをメインに、更にグレードに拘った方向に向かおうかと思い始めた頃でした。

オークションで紅蜂さんの素晴らしいエビが出品されているのを度々拝見しました。

「なんじゃこりゃ~!これがバキバキってやつか~!」と感動すら覚えた事は今でも覚えています。

当時は純白でとても綺麗なバキバキのモスラを多く出品されていたように記憶しています。

もちろん他にも凄いエビを出している人は居ましたよ、今でも残っている人はほとんど居ませんけどね(笑)

ただおかげ様で、「紅蜂スゲー!!」と思った当時の私には更に雲の上のような存在というか、ある意味近寄りがたいぐらいでした。

あの頃は「あんな綺麗なエビを買っても死なせたら勿体ないし無理や~」と思って買う事もできませんでした^^;

そして密かにあんなエビが作りたい、人に感動を与えられるようなエビが作りたいと思うようになり、今日まで少しづつ積み重ねてきました。

今の私の目で見て、その当時のエビがどのぐらいのグレードだったのかは解りません。

しかし私の記憶の中では、今も当時の紅蜂さんのエビには届いていないと思っています。

それは写真も含めて、いくら良いエビでも画像が悪ければ良さは伝わりませんし、その点では特に私の撮影技術は泣きたくなるレベルで、正直カメラの扱いは自分に向いてなさすぎて嫌いなぐらいです(´;ω;`)


とにかくそんな紅蜂さんが用品の販売以外は終了されるような旨の記事を書かれており、ブログでも別れを惜しむ方々の記事が目に留まりました。

私は無縁ですし遠く大阪から何も出来ません。

しかし私に夢と希望を与えて下さった1ブランドである紅蜂さんに心から感謝と敬意を表したいと思います。

本当にありがとうございました!長い間お疲れ様でした。


陰ながら、あの日の感動を胸にこれからも1ブリーダーとして頑張っていきたいと思います。

いつか、いつになるか解りませんが、自分の中で紅蜂超えただろ!(エビ単体として)って思える日が来るのを目標に(笑)

いや~無理かな? ブ━━━(;.;:´;:.゚;;.3;.;゚;.;)━━━ッ!!



そんなこんなで、長々と失礼しました_(^^;)ゞ

祭の終了といい残念な事が多いですが、また新たな動きもあるようなので期待してます^^

それではまた(〃⌒∇⌒)ノ~~)) フリフリ♪
いらっしゃいませ♪
 
cooltext1696960215.png
タイドグラフ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ヤフオク!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
検索フォーム